電話での資料請求
お問い合わせ
0120-678-782
受付時間 10:00~19:30

ブログ

社員ブログ

2018/10/16

だしまきチャレンジ

こんにちは、大阪真和エンタープライズのN・Yです。

朝晩かなり冷えるようになって、一日の温度調節が難しい時期がやってまいりました。
皆様お風邪など召されておりませんでしょうか。
私は先日、お風呂上りには夜風が気持ちいいな~と窓を開けてそのまま寝てしまい、喉に違和感が住み着いてしまいました。

話は変わりますが、あるお休みの日、美味しい麻婆豆腐が食べたいと買い出しに出かけたスーパーで、こんなものを買ってしまいました。
 

山本181016.jpg


ヒガシマル様に全幅の信頼を寄せる関西人としては「絶対美味しいやん」と思って買って作ってみたのですが、まさに簡単!美味しい!失敗なし!文句のつけようのない出汁巻きでした。

優秀すぎる~これはもう居酒屋で出てくるやつ~と感動しながらパッケージをじっと見ていると、「だしまき」とも書いてあるし「たまご焼き」とも書いてあることに気づいてしまい、突然喉に住み着いた違和感が暴れ出しました。
「だしまき」と「たまご焼き」は確か別物だったような気がする、でもどう違うのか?そもそも違うものなのか?
皆様、「だしまき」と「たまご焼き」の違い、ハッキリ答えられますか?

調べてみると、大まかに言って「だしが入っているかいないか」という違いだったのですが、正直私にはよくわかりませんでした。
実家直伝のたまご焼きは、しょうゆ・味の素・だしの素・水を入れて作ります。そもそもたまご焼きに既に「だしの素」が入っていたため「なんかフワフワしてるかしてないか」程度の違いとしか思えず、でもなんとなくフワフワのほうがおいしいな……ということで、調べたついでに出汁巻きを極めよう、と思いつき美味しい作り方を調べて試行錯誤を重ねた結果、7回目くらいで極めました。

このうつくしい出汁巻きをご覧ください!

山本181016_2.jpg

ついでに冷蔵庫の中で賞味期限が危なかったシャウエッセンも、黄金の3分間ボイルにして添えてみました。

一週間、それも毎日出汁巻きを食べていたのでだんだん何がおいしい出汁巻きなのかがよく分からなくなってきてはいましたが、フワフワ・出汁が染み出す・口に入れるととろける最高の出汁巻きになったと思います。

せっかく極めたので誰かに食べてもらおうと友達にピクニックを提案してみました。

休日を合わせるのも難しいので企画を立てている間に真冬になりそうやな~真冬に外で出汁巻きと日本酒っていうのも乙なのでは~とみんなでポジティブにワイワイ話しています。

しかしその頃には出汁巻きの作り方などすっかり忘れているような気もするので、いざという時はヒガシマル様にお願いするつもりです。