電話での資料請求
お問い合わせ
0120-678-782
受付時間 10:00~19:30

ブログ

不動産投資コラム

2018/10/23

期間限定の不動産収入!?

こんにちは。大阪真和の諸星です。
これは先月、甲子園球場に行った時の話になります。

今回、お客様の勤める高校が甲子園に出場したので応援に伺いました。
現地での移動やその他、仕事の都合により車で行くことになったのですが、事前に聞いたところでは周りにあまり駐車場が無いとのことでした。
1駅手前に停めれば良いかくらいの感覚だったのですが、初戦は第1試合(朝8時開始)だったので、明け方着くようにし、周辺に停めるところが無いかチェックをしに行きました。

甲子園の手前2キロくらいにはちらほらと駐車場があり、金額も一日停めて1,000円くらいで「なんだ、たくさんあるじゃないか」と思いました。
車の中から遠目に見たので、このときはまだカラクリに気付いていませんでした。

そうこうしているうちに甲子園までたどり着き、周辺を走っていると駐車場はたくさんあります。
しかし、朝4時にもかかわらずほとんどに「満」のライトが点いています。この日は優勝した大阪桐蔭の試合もあったため、超満員。
正直、近ければ近いほうが良かったので、探し回ったところ、ナビ〇イムが空いていました。
「ラッキー、停めよう」と思った瞬間・・・「甲子園期間中は1日3,000円」の文言が目に入りました。
そうです、繁忙期には駐車料金を高く設定するようにしてあったのです。
東北の方でもお祭りに合わせて料金を上げた結果、数万円を払わないといけない人が出てきた、なんてニュースもありましたね。

「やられた~」と思いつつ、「もしかしたらさっきの駐車場(2キロ手前)もこんな設定なのかも。どうしよう」と悩んでいると、道路の向こう側で白い紙を持った女性が手招きをしています。
「何だろう?」と車を走らせると、「お兄ちゃん、うちに停めていきなよ、一日2,500円」と年配の女性。
どうやら自宅の空きスペースを貸しているようです。

1試合目だけ見ること、昼にはもう出ることを伝えると、「じゃあ2,000円でいいよ」と嬉しい答えが返ってきたので、即決しました。
私の他にもすでに4台(駐車場はこれで満車)、あと庭にも車が停まっていました。
おばちゃんに話を聞いたところ、駐車場として貸しているのは甲子園の大会の期間中のみだそうです。
でも1日2,500円×8(庭に停める分も含めて)で20,000円になります。「夏の間に固定資産税くらい稼げますね」との問いかけに、おばちゃんは笑いながら「まぁありがたい話やね」と答えてくれました。

甲子園まで歩く道すがら、「レアパターンだけど、これも物件(土地)に付く付加価値なのかなぁ」と考えました。
投資マンションでも自宅でも周りに何があるか、どうなっていくかというのは購入を考える際に重要になると思いますが、年間のイベントスケジュールというのも頭に入れて考えると、良いことが起きるかもしれないと少し思いました。

2戦目は別の民家に停めさせてもらい、甲子園周辺では「この時期に商売するのは当たり前」的な感じでした(笑)
こちらの方はご丁寧に住所・電話番号を書いたメモを渡してくれて、「予約も出来るから、また来るときは言ってね」と仰ってくれました。

今回のケースは設備投資費0円で収益を得る事が出来て「投資」というのはちょっと違うかも知れませんし民法上の問題(ぶつけた、ぶつけてない等の損害賠償)もあると思いますが、ある意味不動産収入であることは間違いなく、私たちが扱っているマンションをはじめ、アパート・戸建てといった賃貸物件、駐車場、最近では貸倉庫・レンタルボックス、シェアハウス等々、いろいろな不動産収入があるので、仕事として取り組むかは別として、情報収集をしてみようかなと思いました。

その結果をまたどこかでお伝えできればいいなと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!